RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
奉仕者

地域の民生委員協議会全体集会にて、成年後見制度について講演を行ってきました。

約200名の民生委員・児童委員の方々を前にし、相当緊張するかと思っていましたが、実際は終始落ち着いて話すことができて予想外でしたね。
よくよく考えてみると、リラックスできたのは、聞き手の皆さん方の視線から、私に対する拒絶感をあまり感じなかったからだと思っています。

壇上に立つと、意外と分かるもんなんですよね。
気のせいかもしれませんが…。(^_^;)

さて、ご存じのとおり、民生委員は非常勤特別職の地方公務員でありながら無報酬であるため、奉仕者であるといえます。
こうした民生委員の方たちから成年後見の相談を受けることもあり、地域には欠かせないマンパワーだと思っています。

最近重要視されている市民後見人も、民生委員を基準として養成していくことが良いのかなと思った次第でした。

author:fineplan, category:地域活動, 20:45
-, trackbacks(0), pookmark
講演会終了

本日は新座市役所で開催する「成年後見講演会」の講師で出席しました。

資料作りや進行の確認等、いろいろとチェックしていたものの
当日はあっという間の2時間でしたね〜。

考えてみればヘルパー講師等の講義というのは数回あれど
講演は初めてでしたので、自分自身にも良い刺激・勉強の機会となりました。

どれだけ分かりやすくお伝えできるか、に最大の注意を払いましたが
どうでしょう・・・。
後日、アンケートの結果が楽しみでもあり心配でもあります。



さて、画像もないのでさいたま家裁の食堂メニューシリーズをアップします。(笑)


author:fineplan, category:地域活動, 19:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
任期満了

11/17は新座市の健康づくり推進協議会だった。

おとなしくしているつもりが、ついつい発言してしまう・・・

性格なんだろうなあ。


今年度はこの会議で最終とのこと。
委員の更新を勧められたが、残念ながらお断りする。
2年間、お世話になりました。

さて、現在、度重なる不正報道を受け、後見活動の見直し中。
特に身上監護を徹底するよう、駆けずり回っております。

本業に本腰を入れる。
当たり前のことですが、着実に行っていきたいと思います。


追記

「不正報道」というのは
成年後見人の不正についてのニュースを言っているのであり
私が不正をしたわけではありませんので、くれぐれもお間違いなく。(笑)

author:fineplan, category:地域活動, 08:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
厚生労働省 省内事業仕訳について

厚労省から連絡があり、昨年9月に参加させていただいた「厚労省の省内事業仕訳」について、改革案の取りまとめが完了したとのこと。

厚生労働省 省内事業仕訳

過去記事
これ と これ

24回も開催していたとは…
(学識経験者枠ではなく、突如呼ばれた飛び入り参加なので詳細は知らなかったりする・・・)

仕分け対象も、日本介護福祉士会やシルバーサービス振興会
日本介護福祉士養成施設協会など、関連深いものがあった。

仕分けの結果、多くが「見直しの必要あり」となったが、「廃止」とまではいかなかった様子。

仕分け人といっても、必要なものを廃止することが本意ではないので、双方にとっても良かったのではないかと思う。(もちろん、不要なものは廃止となるように望む)

今年度は震災の影響で仕分けは見送ったそうだが、機会があれば参加していきたい。


author:fineplan, category:地域活動, 19:34
-, trackbacks(0), pookmark
社会福祉士の集い
 2/25は朝霞地区の社会福祉士会会員による集いがあったのでおじゃましてきた。

知っている面々も多かったが、身近に、これだけの会員がいるのかと感心した。(笑)

さて、怒涛の名刺交換も終わり、(交換できなかった方、すみません・・・)
講義を聞く。

講師は新座市で独立している坂本さん。
しょっちゅう会っているので、変わった話もなかったのだが(これまたすみません・・・)
社会福祉士が独立することの留意点など、参考になることが多かった。

せっかくの集い、もっと告知すればいいのに・・・・

author:fineplan, category:地域活動, 20:52
-, trackbacks(0), pookmark
朝から残務整理

後見事務報告も滞っており、休業日に合わせて一気に仕上げる。

といきたいものの、なかなか捗らない。


午前中は埼玉県社会福祉審議会の議事録確認に追われた。
議事録署名委員も兼ねているため、責任を感じる。
他の委員の方のご発言にも丁寧に目を通す。

会議中はボイスレコーダーなどは使用していなかったので、一言一句までは
正確に把握できないものの、できる限り慎重に行わなければなるまい。


さて、これから1件の訪問の後、後見事務報告を仕上げることとしよう。

author:fineplan, category:地域活動, 13:38
-, trackbacks(0), pookmark
世知辛い世の中だから
 新座警察署に自首・・・いや、「子ども110の家」の登録をしてきました。



author:fineplan, category:地域活動, 18:51
-, trackbacks(0), pookmark
第2回成年後見受任者の集い
 坂本さんに相談したことから始まった勉強会ですが、だんだんと形になってきました。
ご協力くださっている社会福祉法人にいざ様、にいざ生活支援センター様には
改めてお礼申し上げます。

今回も新たに参加される方もいらっしゃって、内容も多岐にわたってきました。
少人数でしかできない意見交換ができるのが強みですかね。
昨日の社会福祉審議会の様なピリピリとした緊張感はありませんが
より深く、納得いくまで話ができるというのが特徴だと思います。

もしかしたら、せいぜい10人程度にとどめておいた方が
忌憚のない意見ができ来るのかもしれませんね。


集い
author:fineplan, category:地域活動, 19:10
-, trackbacks(0), pookmark
新座市民まつり
牧歌的な風景ですが、埼玉県新座市です。


 今日は新座市民まつりの一環で、「第30回健康まつり」に行ってきました。


私は、「新座市健康づくり推進協議会」の委員と
「新座市民まつり健康部門実行委員会」の委員をおりますが、職能団体での委員ではなく市民委員ですので、オブザーバーとしての参加となります。

健康まつりでは色々なコーナーに参加することでスタンプを集め、新座市の野菜をゲットするという「スタンプラリー」があります。
医師による健康相談や体力テストコーナー


歯科相談コーナー、お薬の健康相談コーナー
そして、最後にいきいき新座21コーナーで健康体操をし



スタンプをもらうと、新座市の野菜がゲットできます。


消防署による救命処置コーナーでは人工呼吸・AEDの体験もできるほか


十文字学園女子大学さんのコーナーでは骨密度を測定したり


母子愛育会さんが行う、赤ちゃんがはいはいを競う「はいはいコンクール」など
子どもからお年寄りまで楽しめる内容となっています。
このコーナーではNHKの取材をしていました。(左のカメラですね)


外では無料の「おもちゃすくい」やポップコーン・ジュースの提供
焼そばにおでん


バナナチョコレートフォンデュなどが 全て 無料でふるまわれています。



食品改善推進員協議会さんの健康食・試食コーナーの
スキムミルクの入った白玉と、地場野菜たっぷりの「スキム白玉すいとん」
新座名産のホウレンソウを使ったデザート「ポパイかん」
これまた新座名産のニンジンを使った蒸しパン「キャロぱん」
白米と黒米を混ぜて炊いた「黒米ご飯」
は、本当においしかったです。



幅広い年齢が利用できるように、新座市保健センターをはじめ多くの職能団体などを力を合わせた健康まつりですが、本当に大盛況でした。
多くの世代の方々が訪れていて、皆さん、楽しみながら健康についての理解を深められたことと思います。
こうした、地域に根付いた活動に参加できたことをうれしく思っています。
author:fineplan, category:地域活動, 15:07
-, trackbacks(0), pookmark
行政相談
 10月18日(月曜日)から24日(日曜日)までは「行政相談週間」です。

新座市もこれに合わせて、特設行政相談を開設しており、本日、近所の公民館まで行政相談に行ってきました。
てっきり、マンツーマンだと思っていた私は、行政相談委員の方2名と、総務省の方2名の
計4名対応にびっくり。相談だか面接だか分からなくなりましたね。(笑)
でも、真摯に相談対応下さり、本当にありがとうございます。


さて、相談内容は、低所得者で介護が必要な方に対する施設確保が主です。

被後見人の方で、施設を探しているのは現在3人。
全て生活保護受給者ですので、特養の個室などはもってのほか
グループホームでも受入れ枠が少ない状況です。

安い高専賃でもあればよいのですが、数も少なく、悪戦苦闘しています。

行政のみに頼るのではなく、民間の活力も期待したいところですが
低所得者向けとなるとビジネスとして成立しにくいのも事実。

財源の問題もあるので介護施設を安易に増やすこともどうかと・・・

やはり高専賃に対する一部補助が早いでしょうか。
安いけれど、安全性には妥協したくないですね。
以前に起きた施設火災での悲劇は繰り返してはなりません。


でもなぁ、スプリンクラー設置している施設は、高いんだよなぁ・・・
どなかた、いい案があれば、教えてください。
author:fineplan, category:地域活動, 18:52
-, trackbacks(0), pookmark