RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
生活環境調整

保護司の活動として私の場合、一番多いのが保護観察なんですが、刑務所などからの出所後の調整をすることもあります。これを生活環境調整といいますが説明は以下に。

生活環境調整とは
生活環境の調整は,刑事施設や少年院などの矯正施設にいる人の釈放後の住居や就業先などの帰住環境を調査し,改善更生と社会復帰にふさわしい生活環境を整えることによって,仮釈放等の審理の資料等にするとともに円滑な社会復帰を目指すものです。
引用:法務省

実際には身元引受人との関係調整・確認や就業先の調査など、思っていたよりもハードです。

少年院での面会は必須ではありませんが、本人の意向を確認しなければ話が進みません。機会を見て面会をしていきたいと思います。



author:fineplan, category:保護司, 19:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
社会福祉士と更生保護

突然ですが
社会福祉士の国家試験科目に更生保護が盛り込まれていることは知ってますか?

受験生ならば知っているかもしれませんが、現役の専門職ですとどうでしょう。
認知度は低いのではないでしょうか。
認知度が低いことを悪としているわけではないのですが
こうしたことから、私は、社会福祉士と更生保護の間にはいまだに距離を感じています。

そんな矢先、保護司候補者に社会福祉士等を積極的に委嘱することが検討されています。

独立型社会福祉士の活躍の場が広がりそうですね。


さて、平成24年4月1日より「保護司物損補償制度」がスタートしました。
今までなかったのが不思議なくらいですが、保護司が安心して従事できる環境づくりには大賛成です。


author:fineplan, category:保護司, 08:00
-, trackbacks(0), pookmark
SST

福祉分野でも・介護保険、高齢者関係が主業務の場合
SSTといってもピンと来ないかもしれません。

SSTとは、ソーシャル・スキルズ・トレーニング(Social Skills Training)の頭文字で
精神障がい者が社会復帰をしていく際に、対人関係技能を訓練していく治療的技法とのこと。
「生活技能訓練」とも訳されています。


実はこのSST
保護司の研修でも学ぶ機会がありました。

配布された資料は
刑務所や更生保護施設、少年院での面接を想定した事例を交えたもので
DVDも付属しています。

これはわかりやすい。^^

宮澤さん持ってるかな?
まぁ必要ないと思いますが、もし必要なら貸しますよ。(笑)






author:fineplan, category:保護司, 08:24
-, trackbacks(0), pookmark
保護司手帳

最近休みがないところに、後見人としての入院手続きと
ケアマネとして入院・介護タクシーの調整をした。
ちょっと立て込んできたので、脱線話を少し・・・^_^;


さて、保護司には保護司手帳なるものがある。

他の手帳と同様に、カレンダーやメモを書き記すことができるのだが
ちょっと変わった点もある。



それは、保護司法や更生保護法といった法令と
保護観察所、刑務所などの他、一般違反行為の点数・反則金一覧表が載っている点だ。

確かに、保護観察を受ける人の中には、交通違反を起こしている人もいるわけで、それらの把握とともに、自らも戒めよ、といったところか・・・。

author:fineplan, category:保護司, 08:23
-, trackbacks(0), pookmark
社会を明るくする運動

今日は第61回の社会を明るくする運動に参加してきた。

志木駅前に17:00に集合し、のぼりを設置。



配布用に新座市の水「森透水(しんとうすい)」も完備。


この後、大雨が!!



先輩保護司と一緒に、雨にも負けず、やり遂げた。


更生保護って、なかなか福祉従事者にも浸透していないが
実は、社会福祉士会なども共催で、以下の活動を行っている。
「更生保護・福祉連携シンポジウム」〜福祉的視点から犯罪者の立ち直りを考える〜

現段階で参加できるかどうかは未定なものの、もし、参加された方がいたら
様子を教えてください。

author:fineplan, category:保護司, 18:56
-, trackbacks(0), pookmark
更生緊急保護

保護司になると、毎月、冊子「更生保護」が届く。
基礎的な制度情報から手記まで書かれており、意外と言っては失礼だが、タメになる。



保護司になって気付いたことだが、保護司は忙しい。
先日参加した「心の声かけ運動」とは別に
「社会を明るくする運動」も控えている。(これについては後日報告します。)
これだけの活動があったとは、保護司になるまで気づきもしなかった。

先日、保護観察官より、保護観察の担当について相談を受ける。
快諾させていただいたが、週明けにも往訪しなければならないので忙しくなりそうだ。


さて、刑事施設から満期釈放された人等の中には、親族からの援助が受けられないため、住む場所にも困るケースもあるという。
この場合、更生保護法人等が運営する施設で、宿泊場所や食事の提供、就業の援助、衣類などの提供も行っている。
これは更生緊急保護といい、社会生活に適応するための生活指導を行うもので、釈放後、原則として6か月以内に限り利用することができる。

こうして様々な機関が、改善更生を援護している。

author:fineplan, category:保護司, 17:21
-, trackbacks(0), pookmark
心の声かけ運動

今朝は、「心の声かけ運動」として、近所の中学校に行ってきました。

登校する学生に対して挨拶をするのですが、早朝から警察官も参加していて、
結構大規模。

なにせ主催が新座市、新座市教育委員会、新座市青少年市民会議
共催が市内各中学校区ふれあい地域連絡協議会というもの。

私は青少年市民会議加盟団体である新座市保護司会の保護司として参加。


新座市のキャラクター「ぞうきりん」も・・・
中の人、暑いだろうなぁ・・・


30分程度挨拶を交わし、最後にアトム通貨を頂きました。


author:fineplan, category:保護司, 10:34
-, trackbacks(0), pookmark
保護司勉強会

新座市の保護司勉強会に参加してきた。

参加者は30名を超え、改めて規模の大きさを思い知る。

来月は朝霞地区の定例会があるほか
地域の活動も多く盛り込まれている。
頑張らねば。


いつも思うことだが、夜の市役所は閑散としている。
一部、残業している部署もあるが、ほとんどが真っ暗だ。
暗闇の中に目立つ守衛室が、田舎町のネオン街に見える。

author:fineplan, category:保護司, 08:49
-, trackbacks(0), pookmark
生活環境調整

保護司をイメージすると、保護観察対象者が保護司の家を訪問することが真っ先に出るのではないだろうか。

保護司として委嘱を受ける前はそう思っていたが、生活環境調整も主な仕事である。

これは、刑務所などの「刑事施設」等から仮釈放する際に、住居や就業先などの帰住環境を調査して、生活環境を整えることだ。

より円滑な社会復帰を目指すものだという。

保護観察所・地検はさいたま家裁の隣であるので分かりやすいが、もっと広域に、更生保護施設や協力雇用主を把握していかなければ。 






author:fineplan, category:保護司, 20:31
-, trackbacks(0), pookmark
保護司研修2日目

保護司研修2日目終了。
これで晴れて保護司として活動ができるわけだが
たった2日間の座学という点で、不安が残る。
確認しながら、独断で動かないように注意していこう。(笑)

早速、地区担当の保護観察官と今後の受け入れについて話す。
今のところ、関係事件は無いようだが
紹介案件が出次第、連絡を頂けるとのこと。

余談だが、やはりというか、なんというか
研修参加者では最年少だった・・・。



(更生保護施設見学時にもらったビスケット)
ビスケットには更生保護ネットワークのシンボルマークまで入ってしぶい!

author:fineplan, category:保護司, 21:22
-, trackbacks(0), pookmark