RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ケアプランの軽微な変更

ケアマネジャーをしていると、ケアプランの軽微な変更が多々あります。
例えば、ヘルパーの臨時によるサービス提供日時の変更などですね。
その際に居宅サービス計画の変更を迫られることがあります。

居宅サービス計画を変更する際には以下の事務を伴います。
居宅訪問アセスメント(基準13条7号)
サービス担当者会議等による専門的意見の聴取(基準13条9号)
居宅サービス計画の説明及び同意(基準13条10号)
居宅サービス計画の交付(基準13条11号)

しかし、前述した軽微な変更についてアセスメント等を行うことは、ケアマネジャーが必要に応じて判断することはあっても、必ずしも対応しなければならないことではありません。(老企22号通知)


この説明をしているのですが、なかなか理解できない事業所も多いですね…。
会社から言われていますので、という返しなんですが、やはりエビデンスを確認することが必要だと思います。


ではケアプランの軽微な変更とはなんでしょうか。
以下にまとめてみましょう。

.機璽咼皇鷆,琉貉的な曜日変更
▲機璽咼皇鷆,琉貉的な回数変更
M用者の住所変更
せ業所の名称変更
ッ韻覆詭槁言瀋蟯間の延長
κ〇稷儷颪覇嬰の用具に変更する際の単位数のみが異なる
目標もサービスも変わらない(利用者の状況以外の原因による)単なる事業所変更
目標を達成するためのサービス内容が変わるだけの場合
担当介護支援専門員の変更

これらを「軽微な変更」と解釈しない場合、やはり事務量が膨大ですね…。
利用者のための仕事ではなく、実地指導対策になっている感じもあります。
丁寧な仕事はいいことですが、簡素化できる部分は進めていく努力もまた必要だと思います。


エビデンス(根拠)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※利用者の希望による軽微な変更(サービス提供日時の変更等)を行う場合には、一連の業務(.▲札好瓮鵐函↓▲機璽咼甲甘者会議、M用者説明・同意、ぅ吋▲廛薀鵑慮鯢奸砲鯢要としない
(老介発0730第1号)

■「軽微な変更」の事例
・サービス提供の臨時的・一時的な曜日・日付の変更
・同一事業所のサービス提供回数の週1回程度の増減
・利用者の住所変更
・事業所の名称変更
・単なる目標設定期間の延長
・福祉用具で同等の用具に変更する際の単位数のみが異なる
・目標もサービスも変わらない(利用者の状況以外の原因による)単なる事業所変更
・目標を達成するためのサービス内容が変わるだけの場合
・担当介護支援専門員の変更

■ケアプランの軽微な変更の内容について(サービス担当者会議)
「軽微な変更」に該当するものであれば、サービス担当者会議の開催は必ずしも実施しなければならないものではない。
・サービス利用回数の増減
・ケアプランの軽微な変更に関するサービス担当者会議
(すべての事業所を招集する必要はなく、照会等により意見を求めることが想定される)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

author:fineplan, category:介護, 09:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:13
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://fineplan.jugem.jp/trackback/226