RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
数次相続

先月受任したケースです。

保佐申立の受理面談時、家裁調査官と本件の困難さについて協議しました。
身寄りがいない、暴力行為がある、低収入など問題は山積。
中でも相続について30年以上も手を付けておらず…。

不動産の所有権移転の登記申請について法務局に出向いて相談しましたが
より厳しい現実を突き付けられました。(^_^;)

まず私が相続についてよく理解していなかったんですね。

被相続人が死亡し、遺産分割協議を行う前に相続人が相次いで死亡。
(この間30年ありますので…)
代襲相続だと思っていたら数次相続だったわけです。
こうしたことも法務局や司法書士と相談して初めてわかってきたことですので
専門性を尊重していきながら連携していくことの重要さを再認識しました。


現在法律の専門家と協議中。
早く処理したかったものの、慎重に、時間をかけて進めていきたいと思います。
 

author:fineplan, category:成年後見, 08:23
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:23
-, -, pookmark
Trackback
url: http://fineplan.jugem.jp/trackback/243