RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
離婚後の子どもの氏について

今日はさいたま家庭裁判所の参与員研修でした。

子の氏について裁判官・書記官に確認しましたが、自分の頭を整理するために書きます。
間違っていたらご指摘ください。(笑)


一般的に、夫婦が離婚をする(離婚届けを出す)と妻は旧姓に戻ります。
妻は夫の戸籍から外れ、親の戸籍に戻ってしまうわけですが、「離婚届」にある「妻は新しい戸籍を作る」にチェックを入れておくと新戸籍を作ることができます。
また、離婚後3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出すれば妻は氏の変更はしなくとも可能です。

ここで、夫と妻の2つの戸籍ができるわけですね。
では子どもがいる場合はどうでしょう。

子どもは両親の離婚や親権・監護に関係なく戸籍上は今までの戸籍にとどまります。
一般的な例として、妻に親権があっても子どもの戸籍は夫と同じという訳ですね。

親権もあり監護もし、同居しているのに親子で戸籍が違う!
実は、調停では時折見かけます…。多くは理解不足のために手続きをしなかったということです。

そこで「子の氏の変更許可」申立を行う訳です。
子が15歳未満であれば法定代理人である親が、15歳以上であれば子ども本人が申立人となります。
裁判所の許可が出たら、役所で手続きを行いますが、審判書謄本や戸籍謄本等が必要なようです。

今回の事例では
・離婚した妻は旧姓を名乗らない
・親権は妻
・戸籍は妻と子ども
ですので、子の氏が変更していないのでは
と考えておりましたが、これは呼称上妻と子の氏が同じということで
民法上の妻の氏は旧姓に戻るために手続きが必要という考え方になるそうです。


一つ一つ、しっかりと理解していくことにしましょう…。



author:fineplan, category:調停, 19:43
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:43
-, -, pookmark
Trackback
url: http://fineplan.jugem.jp/trackback/256