RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
保護者制度廃止へ

成年後見人・保佐人は,精神障害を持つ被後見人・被保佐人の法定の保護者であることはご存知かと思います。
保護者は精神科病院への入院の同意や,財産上の利益を保護するわけですが,この保護者制度の廃止案が出されました。

施行は平成26年4月1日ですが,後見業務に携わる方は知っておいて損はないと思います。


精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律案の概要

(1)精神障害者の医療の提供を確保するための指針の策定
 厚生労働大臣が、精神障害者の医療の提供を確保するための指針を定めることとする。

(2)保護者制度の廃止
 主に家族がなる保護者には、精神障害者に治療を受けさせる義務等が課されているが、家族の高齢化等に伴い、負担が大きくなっている等の理由から、保護者に関する規定を削除する。

(3)医療保護入院の見直し
 ^緡妬欷酘院における保護者の同意要件を外し、家族等(*)のうちのいずれかの者の同意を要件とする。
  *配偶者、親権者、扶養義務者、後見人又は保佐人。該当者がいない場合等は、市町村長が同意の判断を行う。
 ∪鎖晴壁賊,隆浜者に、
  ・医療保護入院者の退院後の生活環境に関する相談及び指導を行う者(精神保健福祉士等)の設置
  ・地域援助事業者(入院者本人や家族からの相談に応じ必要な情報提供等を行う相談支援事業者等)との連携
  ・退院促進のための体制整備を義務付ける

データのリンクはこちら


author:fineplan, category:成年後見, 13:51
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:51
-, -, pookmark
Trackback
url: http://fineplan.jugem.jp/trackback/273