RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
市県民税額に驚く 〜備忘録〜
少ない年金で何とかやりくりしている被後見人の市県民税の通知書が来た。

想定していた額と違う…。

原因が分からぬまま、数日たち、市役所からの電話で判明。

「来月からの介護保険負担減度額認定が適用されません。」

その瞬間、いろんな思いがフラッシュバックし、障害者控除申請をし忘れていることに気付く。(^_^;)

この方、4月に転入・転出をしたばかり。
てっきり、負担限度額認定は前年度の収入から判断するので大丈夫と思いきや
市が変わったため修正申告しなければならないようです。
しかも、一部は前住所地の市役所が管轄するという難解さ…。

今後は

1、前住所地の市役所に障害者控除対象者認定申請書を送付。(要介護認定を受けているので特別障害者扱いとなる)
2、前住所地の市役所が障害者控除対象者である証明書を発行。
3、新住所の市役所市民税課に障害者控除及び配偶者控除適用のため修正申告を行う。
4、新住所の市役所より非課税証明書発行
5、前住所地の市役所に非課税証明書を送付
6、前住所地の市役所から介護保険負担限度額認定書の交付を受ける。

どこかで手続きを忘れそうな予感。(泣)

 
author:fineplan, category:成年後見, 17:33
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:33
-, -, pookmark
Trackback
url: http://fineplan.jugem.jp/trackback/322