RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ケアプラン作成ソフトについて

昨年、ケアプラン作成ソフトをカイポケに乗り換えました。
※過去記事「回線速度」参照

現在のところ、トラブルは全くありません。
ランニングコストも低くなり、乗り換えてよかったと実感しています。

そんな矢先、ブックマークの整理をしていたら
乗り換え前のケアプラン作成ソフト運営会社のHPがあったので確認してみると
ページ自体がない!!

どうやらこの会社、存在自体が消えたようです。

昨年8月までは保守契約をしていたので、なんとも危ない限りです…。
保守契約を続けていたらと思うとぞっとします。
特に、顧客情報をCSVで出力できないので、いきなり乗り換えなんてなったらデータ移行作業に数日取られますからね。

今お使いのソフト、大丈夫ですか?



author:fineplan, category:介護, 08:09
-, trackbacks(0), pookmark
回線速度

今年の3月から介護ソフトを「カイポケ」に変更しました。
いままではスタンドアローンタイプのものでしたので
ソフトをPCにインストールする必要があったのと
ネットワーク非対応のため

特定のPCでしか対応できない

個別にバックアップを取る 


などの手間がかかっていたのですが
カイポケになりすべて解消!!

ランニングコストも抑えられ、しょっちゅうやってくる意味不明なバージョンアップに
悩まされることもなくなったので
介護ソフトに不満がある方は検討してみる価値ありです。


さて、介護ソフト変更に伴い、国保連への請求も変更となりました。
今まではISDNの2回線を使用し、ターミナルアダプターで個別に請求していたのですが
今後はインターネット経由で請求が可能となるので、ISDN回線を解約しました。

なんと、ISDNから光回線に変更したにもかかわらず、ランニングコストは低くなったのです。
まだISDN回線を使用している方はこちらも検討の価値ありです。

さらに、フレッツ光もハイスピードタイプ(下り200M)に変更。
下りの速度はいままでの約倍になり、70〜80メガは出ています。

ネットで見ると、AU光(1G)の実測が80メガ程度であることを考えると
現段階ではフレッツで十分といえます。
(今後、ルーターやハブが1G対応に変更できればAUも検討しますが・・・)

個人的には携帯電話はいまだにスマホでなくガラケーなので、時代の波には乗り切れていないのですが、世間の波は想像以上に速いスピードで進化しているようですね。





author:fineplan, category:どうでもよいこと, 21:08
-, trackbacks(0), pookmark